SUV-MISSIONS
※このサイトのメインページは、 こちらです。 でトップはこちら

2 0 0 4 / 5 / 6

話の流れから、摂津市にあるインドアフィールドのWOODランドに行ってきました。当日に行くということになったので、たいした装備は持ってきませんでしたがけっこー重たかった・・・。
2回目ですので、だいたい勝手はわかっているのですが、今回は、暗闇戦とかがありまして、使うかな?ともってきたフラッシュライトをふんだんに仕えましたので、個人的には満足だったりします(笑)

持って行ったのは、マルイのベレッタM9とタナカの固定ガスガンのG17です。G17にロングバレルを付けてレギュを受けると0.2gで102m/sでしたので、レギュオーバーでバレルをなし状態で使うことにしました。なしだと82でした。(90以下であることが必要です) あー、ちなみにハイパワーっぽく書いてますけどハンドガンは何もいじってませんのでほんと箱出し状態です。まぁ固定ガスガンですから、だんだん暖かくなってくるこの季節はオーバーになりますね。冬まで眠らせますか。まぁまっすぐ飛びませんから当たりませんけども(笑) ライト使うときにグロックを使いたかったので・・。

あとは、イベントで、ファーストドロウなんですかね?まぁ早ウチのミニイベントにも参加してきました。 銃をホルスターにしまう+両手を挙げた状態からスタートし、距離や場所の異なる6つのターゲットを指定どおりの順番に倒していく競技で、その速さを競います。 こういうの好きなので何回かやらせてもらってました。

040506a.gif

とまぁこういう図なかんじです。微妙に違いますけど・・。高さ、距離が異なってます。
で、25発まで使えます。手前の4つは楽勝で当たるのですが奥のがHOP効いてどんどん上に上がって当たらずに数度は弾切れとかになりました。結局タイムは12.4だったか12.8だったかの12秒台でぜんぜんだめでしたねぇ。トップは7秒台です。まだまだ上のタイムを出す人が出てくるとは思いますけども。

翌日筋肉痛になるのはお約束です、えぇ。

linkWOODらんど

▲top

 

2 0 0 4 / 4 / 2 6

ショットショーというのは、大阪・アメ村のサンボウル地下のスペースを利用して、エアガンショップとかが集まってるイベントです。
土日、とあるのですが、まぁわたしは行って雰囲気を楽しむだけっていうかんじですので、比較的落ち着いている日曜日の午後から行ってきました。

今年こそくじ引きでMINIMIを当てようかと思ったのですが、クジの景品にMINIMIはなく、またけっこー上位の景品が売れてしまってあとのこっている景品があまりたいしたことないので、今回はくじびきしませんでした・・(笑) あとはずれにもらえるBB弾とかガスがかなり自宅にあまってるのでこれ以上増えても困るっていうのもありますね・・。0.2と0.25がそれぞれ未開封の1パックありますし、ガスも5本くらい未開封というのがあるので・・。

あとは・・・。
あとはマルイの新製品が展示されてました。 VSR-10の最新版のG-Specとか、ガスガンのハイキャパなど。次回登場はSIGかと思っていたのですが、ハイキャパだったのですね。試写できたのですが、それほど違和感なく撃てました。が、いつもグロックを持っていますので、グリップ感とかサイティングの印象とかが違うので、なんとなく変な感じが・・。まぁ当然といえば当然です。あー、強いて言えば、グリップしやすかったです。ということでマルイブースを後に。

売り物でM14が展示してありまして、まぁ映画(フリメタルジャケット)とかでM14は見たことありますけど、実際、目の前で見てみるとかなりデッカイですね(笑) いいかんじ・・。

tascoのところではボレーのX-800が7500円で発売されてまして、超即買い!状態だったのですが、ためしにつけてみたところ、メガネがゴーグルのレンズにあたるんですね・・・。コンタクトつけなければならなくて・・。
つけてみると、すごくフィット感がよく、よいな〜〜というところなのですが、メガネをはずしてゲームに参加しなければならないため、泣く泣く見送りました。やーコンタクトつければいいんですけど、なかなかこれが慣れなくて・・。持ってるんですけどつけるのに時間がかかるのと、どうも目の乾きに慣れなくていっぺんやってあきらめましたからねぇ・・・。無念。ということでポールソンはメガネかけたままでできるのでこっち使いますよ、えぇ。

あとはウィリーピートがモトローラ無線機の外皮だけもってきて、BB弾入れになってたのが面白そうでした(笑) これもほしかったうちの一つ。

とか、なんとかいろいろぶらぶら回ってきましたが、けっきょくエリカでプロテクターとイラクトランプを買ってきただけでした。 今回買ったプロテクターは、防護する部分のプラスティック以外の部分が広くなっているので、余裕を持ってバンドで固定できます。いままでみたいに装着しててだんだんずれてくるっていうことが少なくなるカナと。夏は暑そうですけどねぇ。 あとイラクのトランプ(スペードのエースにフセインの写真写ってるやつです。)はネタです、えぇ。

040426a.jpg

▲top

 

2 0 0 4 / 4 / 1 4

ということでして、カナリ久しぶりに野戦にいってまいりました。
エアガンもって野戦するのは、実に1年ぶり・・それ以上・・?1年半ぶりかもしれません。野戦向けの設定にしていたP90も電気が通るのも1年半ぶりだし、ウッドランドな迷彩服に袖を通すのも1年半ぶりだったりします(笑) まぁ久しぶりというのも、野戦でお世話になっていたチームのフィールドがまぁ事情で狭くなったりだとか、いろいろありまして参加を見合わせていたということもありましてね。最近フィールドが新しく(?)なられたようで、参加してもよさそうになってまして、お邪魔しにいってきました。


(手前がP90。左がサック。右上がヘルメットとゴーグル。)

とまぁ写真にありますのは、P90とヘルメットとゴーグルです。P90はとても短いサイレンサーが前に取り付けてあります。もっと長いサイレンサーも持っているのですが、どうも取り付けがうまいこといかないのかやや曲がって取り付けられてしまうんです(汗) そのため、サイレンサーの出口で弾が当たってしまっているらしくてちゃんと飛ばない(笑) ので、短いものを取り付けています。まぁ短いほうが取り回しやすい、というのも、十分その理由ではあるのですが。
あとこれはチューブのダット。エイムポイント モドキのダットサイトももってますけど、それはMP5のほうにつけてますし。あと、なんとなくチューブのほうが似合いそう、っていうのと、照準の合わせが面倒(!)というのもあります。
で、ゴーグルです。ポールソンのゴーグルと、あと、頬から歯などを守るフェイスガードの目から下の部分だけを切り出したのものと組み合わせて顔全面を防護しています。
インドアだと、至近距離で横や背後から撃たれる可能性が十分あるのでJTのフルフェイスを使用してますけど、野戦だと、まぁこんなかんじで。もちろん十分対策はとってます。

とまぁ、クダラン話はおいといて、フィールドの話ですが、けっこう勾配があり、また背丈の高い植物もあり、やや見にくいといったところかなと思いました。まぁ、なれれば&慣れた人なら問題ないのでしょうが(笑) とりあえずわたしは目が悪い&フィールドの位置関係を把握できてないのでなおさらかもしれません。新しい地形というのはなんだかワクワクしますね。ゲームで新しいマップが公開されたときと同じような感じで。
フィールドの端に道がありまして、そこから盛り上がったかんじで山になってます。その間は谷になっており、その谷には背の高い植物に覆われてます。ほんとは他にもみどころがあるんでしょうけれども、フィールド探検するまでにヒットされましたのでこれといってまだ研究できていません(笑)


(セーフティーゾーン手前の道です。水はけが悪い場所があり、快晴でも足元がぬかるみ状態のところもあります。)

そんなわけでパトロールよろしく5人くらいで道(および周辺)を警戒しつつ前進してたら、前の山から丸見えだったらしく撃ちあいになってこう着状態になったりだとか、撃たれたので道端に避難したらそこに狙いを定めていた伏兵にヒットされたとか。なんとなく昔の映画バット★21の十字路伏兵シーンがこんなシチュエーションだったかなと思いながらヒットコールしてたわけですが・・(笑) サクっとやられましたが、なんとなく楽しかった..
※1 バット★21→かなり昔にみたのでまったくの記憶間違いかもしれない・・(汗) なんだかベトナム戦争の映画でパトロールしてたらフイウチにあったシーンがあったような・・・。でももしかしたらコンバットのワンシーンだったかもしれず・・。
※2 そういえばMINIMI(ノーマル状態。というかはやく壊れないかなとおっしゃってましたが(笑)--部品取り替えるので。)使われてた方いてました。けっこー思ってたよりも高い音がするのですね。

かなり書きなぐり状態で、意味ない文章になってしまいました(汗)が、ひさしぶりのサバイバルゲームは楽しかったということでして。 2週間後は、大阪アメリカ村でショットショーがありますし、また見に行かないと

▲top

 

2 0 0 4 / 3 / 2 9

プラスティック製なんですけどグレネードの模造品があるので買ってみました(笑) 300円です。もともとはこの中にBB弾を入れるんですけど、まぁ軽いし安いし、あったらあったらで面白そうでしたので。 ピンは抜けます。が上のカバー(?)は、取れないような構造になってます。本物はただ単にフックが引っかかっているだけでピンを抜くとカバーが外れる仕組みになっています。(外れるはず(笑) カバーの部分だけ見たことあるんですけど、簡単にスポっとはずれるようになっています。映画とかでもよくカバーのところはずしてるような??) まぁ、イラストまで用意して、だからどうした、ということでもありますが(笑)

細かい話をしますと、これはM61ハンドグレネードのカタチを取ってプラスティックで作成されたものです。カタチとかそれっぽいので、迷彩服につけてそれっぽい気分(ってどんな気分だろ(笑))に浸ってもOKです。 ゲームのRainbowSixで使われてるのはM61、ゴーストリコンで使われてるのはM67でしたっけか。M67のほうが丸くて手になじみやすい。M67の模擬の触ったことあるんですけどけっこう重いです。 下記は本物のほうのM61の解説ページ

linkM61 FRAGMENTATION HAND GRENADE(FAS)
linkどーでもいいんですが、グレネードいろいろ 040329b.jpg

▲top


サバイバルゲーム・セクションのHOMEへ


NewSoundsのHOMEへ

 

Copyright Sakae-ENGINE 2001.
All rights reserved. Reproduction in whole or in part in any form or medium
without express written permission from Future Publishing is prohibited.


※このサイトのメインページは、 こちらです。 でトップはこちら